まぶた、目の周り

メイク前の洗顔と肌状態

冬は朝はぬるま湯で洗顔、夏は寝ている間に汗をかいているので洗顔料を使って洗顔します。洗顔料は小林製薬のヒフミドシリーズです。洗い方は朝も夜も変わりません。以前はクリームタイプの洗顔料をお風呂でネットを使って泡立てていましたが、お風呂だとどうしても手のひらに水分がある状態であることや、水分量がうまく調整できずに、泡がゆるすぎたり硬すぎたりしていました。このヒフミドシリーズはポンプから直接泡が出るタイプなのと、泡がきめ細かいため、乾燥がましになったように感じます。メイク前の皮むけは、まぶたや目の周りがカサカサしてポロポロと粉になって落ちるような感じです。元々アレルギー体質で目がかゆくなりやすく、よくこすってしまうため余計に乾燥してしまうようです。

メイク前の準備

洗顔後、化粧水と乳液をつけています。皮のむけている部分だけ美容液をぬったりもしますが、それであまり変わるように感じられません。真冬の本当に乾燥のひどい時はアベンヌのコールドクリームをつけています。これはかなり重めのテクスチャーで、べっとりいているので、なるべくつけてから時間をおいてメイクします。私は混合肌なため、目の周りや頬のあたりは乾燥でかゆくなったり皮がむけたりするのに、Tゾーンはかなりテカリやすく、乾燥肌用の化粧水などで全体をしっかり保湿してしまうと、テカリがひどくなるため、全体に使うものを普通タイプにして、部分的に保湿するよう対処しています。化粧水はお金があるときはヒフミドシリーズを使いますが、高いので、お金がない時は肌研シリーズを使います。今までアベンヌやNOV,dプログラムなどいろいろ試しましたが、肌研はどんなに肌荒れしていても、皮がむけていても絶対にしみないです。ただ、やはり保湿力はそこまで期待できないのですが・・

ファンデーションとアフターケア

ファンデーションは韓国メーカーのミシャのクッションファンデを使っています。クッションファンデは下地もいらないし、リキッドファンデとパウダーファンデのいいとこどりのような物で、手軽だし乾燥しにくいです。私はTゾーンがてかるので上からパウダーをはたいていますが、パウダーを使うとやはり粉っぽくなり皮がむけやすくなるので、乾燥肌の方はクッションファンデだけで十分かと思います。リキットタイプも塗り込むと乾燥するように思います。やはり昼過ぎ頃から乾燥し始め、触るとポロポロします。化粧直しはあれば化粧水と、クリームを塗りこんでからファンデーションを塗り直します。午後からはこまめにクリームをぬって乾燥をふせいでいます。