鼻頭と両頬

メイク前の洗顔と肌状態

朝の洗顔はしっかり洗顔料を使っています。夏でも冬でもぬるま湯です。洗顔料は資生堂グラナスシリーズのクレンジングミルクで、夜もこちらの洗顔料を使っております。こちらは色々な洗顔料を試した結果、行き着いた洗浄力のある洗顔フォームだと思っています。泡をよく立て手肌、指があわあわになるように泡立ててから洗っていますが、夜より朝の方がソフトに洗っているつもりです。よく泡を落とし、タオルで顔をこすりすぎないように拭きます。この時点でまだ顔はしっとりしていますが、すぐに乾燥してくるのが分かりますので、ローション、美容液、乳液といった基礎化粧を行います。まだこの時点で皮剥けはありません。日焼け止め、下地を塗り、ファンデーションを塗ろうかと思う段階で鼻の頭が剥けている事に気が付きます。カサカサという感じです。両頬もカサカサしています。

メイク前の準備

メイク前にベネフィークの基礎化粧を中心に使っています。ローションは資生堂ベネフィークのIMローション、その後同じくベネフィークの美容液、ハイドロジーニアス。こちらは美容液ですので化粧水のあとに顔全体になじませて使用します。トロッとしたとろみがありますが、顔に乗せるとすぐに浸透しべとつきは全くありません。すぐに肌に入り込んで行くので次に使う乳液の効果も高まっているようです。乳液も同じくベネフィークのIMエマルジョン。新商品やサンプルを使うと、この時点でかさつきや、ひりつきを感じますし、肌の中身の乾燥や、表面の潤いの無さが分かります。早いとローションの時点で渇き、皮のカサカサが見られます。それを考えると、今使用している流れが私には合った基礎化粧なのかと思っています。

ファンデーションとアフターケア

乳液のあと、日焼け止め効果のある下地を塗ります。こちらは乾燥を防いでくれる効果があるので有効だと思います。この後は現在も模索中なのですが、エトボスのナイトミネラルファンデーションや、ベネフィークのホワイトニングパウダーを顔全体に塗ります。これで肌乾燥を防ぎ、毛穴を整えているかと思います。以前これらのフェイスパウダーなしにミネラルファンデーションを塗った所、パフを顔に乗せた瞬間に毛穴に吸収されたのかカサカサになりました。砂漠に水をまいたような感じで、ファンデーションが毛穴に消えていく感覚です。私はエトボスのミネラルファンデーションを使っているのですが、このファンデで肌がサラサラにし、フィニッシュとなります。ところが、ここまでである程度の潤いが保たれていないと、最後はサラサラを通り越して、カサカサ皮むけになってしまう気がします。また、朝メイクしてから、皮むけ状態が出て来る、復活してくることは残念ながらあります。あぶらとり紙で脂分を取るとそのあと皮むけになるので、スプレータイプのお水で顔を湿らせるようにしています。