両頬と小鼻・毛羽立っている

メイク前の洗顔と肌状態

朝は水だけで優しく洗顔しています。夜はメイク落としを念入りにした後、洗顔料を使わずにお湯だけでしっかり洗顔し、最後に冷水で毛穴を締めるようにしています。メイク前の皮むけ状態は、両頬の毛穴の皮が薄くめくれあがっているような感じで毛羽立って見えます。小鼻は全体的に薄く皮がめくれていて、そのめくれた皮の端の部分が毛羽立っています。皮がむけてしまっている部分は皮膚が赤くなっていますが痛みはありません。お風呂上がりなどはかゆみががでることがあります。

メイク前の準備

化粧水や乳液はいろいろ試しましたが、現在は専科の化粧水パーフェクトエッセンスシルキーモイスチャーと乳液パーフェクトエマルジョシルキーモイスチャーを使っています。とろみのある化粧水でむけている皮の部分にもなじみやすく、接着剤のようになって毛羽立ちが抑えられます。乳液もかなりしっとり仕上がるので皮むけ部分が目立たなくなります。少しベタつくので、メイクがヨレてしまったり、厚塗りっぽくなってしまいます。でも皮むけの毛羽立ちは今まで試した化粧水や乳液の中ではかなり抑えられている方なので、ファンデーションを塗っているときに皮むけが目立ってくるようなことはありません。さらに冬場などは乳液の後にニベアクリームを塗って油分を補うようにしています。

ファンデーションとアフターケア

化粧下地にはアスタリフトのUVプロテクターを使用しています。日焼け止め効果が高いのに保湿力があるのでとても気に入っています。ファンデーションはコーセー・エスプリークのパクトUVを使用しています。粉浮きしにくくて私の肌にとても合っています。スポンジが肌の油分を吸ってしまわないように手早くつけるように心掛けていますが、メイク直後はとてもきれいに仕上がるので大変満足しています。お昼にメイク直しをするのですが、乾燥している部分から結構皮脂が出てしまうので、それをティッシュなどで押さえると皮むけ状態が復活してしまいます。13時頃です。皮脂分泌のせいでメイクも剥がれてしまっています。メイクを直す前にまず専科のオールインワン化粧品パーフェクトミストデイモイスチャライザーでメイクの上から顔全体を保湿して、少量を手に直接取って皮むけしている部分に直接しっかりなじませています。その上から薄めにファンデーションを塗り直しています。時間がないときは、少し荒っぽいですが、コンシーラーを指にとってたたきこむこともあります。結果的に皮むけが悪化してしまいますが、目立たなくするようごまかすには結構効果的です。