鼻の頭、小鼻のわき、口の周りなどが細かくペリペリと逆剥けている

メイク前の洗顔と肌状態

朝は、全く洗顔をしていません。保湿しても保湿しても顔の皮むけが続くので、思いきって朝の洗顔をやめました。洗顔による乾燥がなくなったので、自分の皮脂などで皮むけは多少おさまっています。夜は普通に、クレンジングと洗顔できっちりダブル洗顔するようにしています。メイク前は特に小鼻周りの皮むけが気になります。数ミリ単位の本当に細かい皮が、複数箇所ピリピリとむけている状態です。あまりにひどい時などはつい、よくないとはわかっているんですが、眉毛抜き用の毛抜きを使用して一ヶ所ずつ皮をむいてしまっています。

メイク前の準備

メイク前は、起きたての洗顔していない肌に、直接ミルキージェルタイプのオールインワン化粧品を使用しています。顔全体にワンプッシュほどの量を馴染ませて、皮むけを落ち着かせています。オールインワン化粧品は、石澤研究所の「もちっと乾燥しらず」を使用しています。皮むけがひどい時は、量を追加して重ねづけすることもあります。これ一つでもかなりしっかりと保湿されるので、皮むけもだいぶおさまってくると感じています。皮がむけている部分にしみるようなこともなく、メイクのノリもとても良くなるので、毎日のスキンケアには欠かせない商品です。

ファンデーションとアフターケア

メイクには、PDCの「パフィーリッチスムースティントUVベース」を使用しています。化粧下地&日焼け止めの商品ですが、ファンデーションを塗ると皮むけが逆に目立ってくるので、こちらの商品とコンシーラー、仕上げにプレスドパウダーだけでメイクをしています。プレスドパウダーは、マジョリカマジョルカのものを使用しています。パウダーをはたきすぎると皮むけが目立つので、軽く薄ーくはたくように気を付けています。気になる小鼻周りには、セザンヌの「毛穴カバーコンシーラー」を使用しています。毛穴を目立たなくしテカりを抑える商品です。こういう商品を使用すると乾燥して皮むけが目立ちそうに思うかもしれませんが、皮脂の分泌を抑えてくれるので、プレスドパウダーでのメイク直しの回数が減り、結果的には皮むけも気にならなくなります。だいたい汗をかいた後が一番皮むけが目立ってくるので、なるべく小まめにティッシュで肌を押さえるようにしています。脂とり紙では、逆に皮脂分泌が活発になるため、ティッシュを使うのがポイントです。